旗当番を廃止するメリットとデメリットを徹底解説

 

旗当番は小学生たちの通学路で安全を確保するための活動ですが、最近ではその廃止が提案されているのをご存じでしょうか。

 

旗当番の必要性や、外部への委託やアプリの活用、トラブルの予防など、さまざまな課題が浮上しています。

 

この記事では、旗当番の存続について必要な調整や利点・欠点、続ける場合の工夫や対策に焦点を当て紹介していきます。

 

この記事のポイント
  • 旗当番を廃止するメリット・デメリット
  • 旗当番を続ける場合の工夫や対策
  • 旗当番を廃止した学校の事例とその効果
  • 代わりになる具体的な方法を提案

 

旗当番の廃止の是非を考える

旗当番の廃止について話し合う様子

  • 子どもたちの安全に必要?
  • 参加しない保護者が増えている理由
  • トラブルや事故の責任
  • 外注のメリットとデメリット
  • 割り振り方についてのアンケート
  • 旗当番の代わりにできる見守り活動の提案

 

小学校のPTA活動で廃止が難しいとされるのが、旗当番や登下校の見守り活動ではないでしょうか。

 

旗当番は、通学路の注意が必要な場所で、児童の通学を見守り、危険がある場合には注意を促す活動です。

 

通常は横断歩道や歩道のない道などで行われます。

 

この活動は児童の通学安全を確保するために重要ですが、保護者には様々な負担やストレスがかかることもあります。

 

例えば、未就学児がいる場合や仕事に間に合わない場合など、旗当番が難しい状況にあるご家庭は多いと考えられます。

 

また、旗当番におけるトラブルや事故の責任はどこにあるのか、本当に旗当番が必要なのか、外部に依頼するメリットやデメリットは何か、などについても検討が必要です。

 

子どもたちの安全に必要?

 

まず、旗当番が本当に子供たちの安全に寄与しているのか疑問に思うことは大切です。

 

旗当番は交通事故や不審者から子供たちを守るために存在しますが、その効果についてはっきりとした証拠がないのが現状ですから。

 

逆に旗当番がいることで子供たちが安心しすぎて、自分で危険を回避するスキルが低下する可能性も否定できません。

 

子供たちが旗当番のおかげで安全に通学できるというのは、保護者や学校関係者の主観的な意見という声も。

 

実際には、旗当番が不在でも子供たちは自分で危険を見極め安全に通学できるようになる必要があります。

 

旗当番が子供たちの自立や危険予知の能力を制限する可能性を考慮することは重要です。

 

参加しない保護者が増えている理由

 

次に、なぜ保護者の中で旗当番に参加しない人が増えているのかを考えてみましょう。

 

単に面倒くさいからではなく、未就学児がいる場合や仕事の都合、体調不良などさまざまな理由が存在します。

 

未就学児を連れて行くのは危険であり一人で留守番させるのも不安が伴います。

 

また、仕事の都合で旗当番の時間と重なる場合もありますし、体調が優れない時にはますます悪化する可能性があります。

 

さらに、旗当番に参加しても他の保護者との人間関係に悩むこともあります。

 

愚痴や批判が飛び交う中で旗当番をこなすのはストレスの元になることも。

 

子供たちの安全に貢献する一方で保護者にとっては負担となることもあるのです。

 

トラブルや事故の責任

 

また、旗当番におけるトラブルや事故の責任についても考える必要があります。

 

旗当番は、子供たちの安全を守る重要な役割を果たしていますが、その存在がすべてのトラブルや事故を防ぐことを保証するものではありません。

 

例えば、旗当番の親がいる場で子供が事故に巻き込まれた場合、その責任はどこにあるのでしょうか。

 

法的な基準が確立されていないため、旗当番の責任については明確な定義がありません。

 

ただし、法的責任がなくても親は道義的な責任や心理的な負担を感じることがあります。

 

事故やトラブルの現場に立ち会ったり目撃したりした場合、親は何かできなかったかという後悔や自責の念にさいなまれることがあります。

 

また、事故やトラブルに巻き込まれるリスクを考慮することも大切です。

 

外注のメリットとデメリット

 

旗当番が難しい親にとって、外部への旗当番の委託も一つの選択肢です。

 

これはつまり、親が代わりに旗当番をしてもらう代わりにお金を支払うということです。

 

旗当番を外注することのメリットとデメリットを見てみましょう。

 

旗当番を外注するメリットには、以下の点が挙げられます。

 

メリット
  • 旗当番にかかる時間や労力を節約できる
  • 旗当番に関するトラブルや事故の責任を回避できる
  • 参加できない理由を説明する必要がなくなる
  • 旗当番で一緒になる親との人間関係に悩まなくて済む

 

一方で、旗当番を外注することのデメリットも存在します。

 

デメリット
  • 旗当番にかかる費用が発生
  • 他の親や学校からの反発や批判を受ける可能性
  • 子供たちや地域とのコミュニケーションやつながりが減る可能性

 

旗当番の外注は便利に見えるかもしれませんが、実際には様々な問題やリスクが伴います。

 

子供たちや地域のことを考慮し慎重に判断する必要があります。

 

割り振り方についてのアンケート

 

旗当番の見直しを考える前に、旗当番の割り振りについてアンケートを取ってみるのが良いでしょう。

 

このアンケートでは保護者の意識や満足度を知ることができますし、旗当番の改善点や要望も探ることが可能です。

 

以下はアンケートの項目の一例です。

 

  • 旗当番が難しいと感じる理由や困難な点
  • 旗当番が楽しいと感じる理由や良い点
  • 回数や時間帯、場所や経路に関する希望や不満
  • 旗当番の方法やルールに関する希望や不満
  • 代替となる見守り活動に関する希望や不満
  • 旗当番の廃止や外注に対する賛否や意見

 

アンケートを通じて、保護者の声を聞くことが旗当番の進むべき方向を判断する上で重要です。

 

この情報は旗当番の改善や継続にも役立ちます。

 

旗当番の代わりにできる見守り活動の提案

 

旗当番を廃止する場合、どのように登下校の見守りを行うかも考える必要があります。

 

代替となる見守り活動には以下の選択肢があります。

 

  1. 任意参加の旗当番や同伴登校
  2. 地域ボランティアの協力
  3. ファミリーサポートの利用
  4. アプリを活用

 

①任意参加の旗当番や同伴登校

参加が義務ではなく、できる人ができる時に行います。

同伴登校は、自分の子どものグループに同行して登下校をサポートする方法です。

これにより、負担やストレスが軽減され、子どもたちの自立や危険予知能力も向上します。

 

②地域ボランティアの協力

保護者ではなく地域の有志が見守りを担当します。

これにより、費用や時間を節約でき、地域社会とのつながりを強化できます。

 

③ファミリーサポートの利用

旗当番の代わりにサポート制度を活用する選択肢です。

費用が抑えられプロフェッショナルなサポートが得られる一方で、信頼関係や相性の面で課題が生じる可能性もあります。

 

④アプリの活用

人的負担やリスクを最小限に抑えつつ、柔軟な機能や設定が可能です。

ただし、使用に伴う費用や故障リスクがあることに留意する必要があります。

 

旗当番メーカー

上記はiPhoneやiPad用アプリで、日時やメンバーを決めたあとにPDFにすることができるため、A4に印刷して共有することができます。

 

旗当番の廃止の方法と注意点

信号機

  • 旗当番を廃止する手続きとは?
  • 旗当番廃止の学校事例と効果
  • 廃止する際に気を付けること

 

旗当番を廃止することになったら、手続きや注意点についても理解しておきましょう。

 

旗当番の廃止には、学校やPTA、子ども会などの関係者と協議が不可欠です。

 

また、旗当番の代替としてどのような方法で登下校の見守りを行うかも検討する必要があります。

 

ここでは、旗当番を廃止する方法と留意点について詳しく説明します。

 

旗当番を廃止する手続きとは?

 

旗当番を廃止するには、関係者との協議が必要です。

 

旗当番の規定や仕組みは地域によって異なるため、まずは自分の学校の状況を理解することが大切です。

 

以下は、旗当番を廃止する手続きの一般的な流れです。

 

  • 旗当番の割り振り方法についてのアンケートを行う
  • 旗当番の廃止に関する賛否や意見を収集する
  • 旗当番の廃止提案書を作成する
  • 提案書を学校やPTA、子ども会に提出する
  • 旗当番の廃止に関する協議会や総会を開催する
  • 旗当番の廃止に関する決議を行う
  • 廃止に関する通知や周知を行う

 

保護者の声をまとめ、学校やPTAに提案することで旗当番を廃止することが可能です。

 

ただし、これは容易な決定ではなく反対や反発がある可能性もあります。

 

旗当番の廃止は手続きだけでなく子どもたちの安全や教育に影響を与える重要な問題であるため、慎重に検討することが必要です。

 

旗当番廃止の学校事例と効果

 

旗当番が廃止された学校の事例とその良い影響についてご紹介します。

 

全国的には数少ないですが、いくつかの学校が旗当番をやめ、新しい方法で子どもたちの登下校を見守っています。

 

これにより、保護者や地域の協力を促進し様々な好影響が生まれています。

 

旗当番を廃止した学校の良い影響

 

旗当番を廃止した学校では、以下のような良い影響が報告されています。

 

 

  • 保護者の負担とストレスが軽減された
  • 廃止後も3割程度は継続的に参加
  • Googleフォームで報告するようにして喜ばれた
  • 報告フォームのQRコードを共有して報告数が増えた

All Aboutニュース PTAを悩ます「当番表」を廃止! より引用

 

 

これらのポジティブな変化は、旗当番を廃止した学校が様々な方法で見守りを行うことで生まれました。

 

ただし、これは一般化できるものではなく地域や学校の状況によって異なる可能性があります。

 

自分の学校の状況に合わせて判断する際には、参考にしていただければと思います。

 

 

廃止する際に気を付けること

 

旗当番を廃止する場合、以下の点に留意する必要があります。

 

  • 廃止する理由や目的を明確にする
  • 旗当番廃止に関する関係者の意見や反応を尊重する
  • メリットやデメリットをわかりやすく伝える
  • 誤解や不安を解消する
  • 代替案や対策を提案する

 

旗当番を廃止するときは、その理由や目的を明確にすることが重要です。

 

これは子供たちの安全や教育に関わる問題であり、関係者に対して慎重に説明する必要があります。

 

旗当番廃止に際しては、関係者の意見や反応を真摯に受け止めることが必要です。

 

関係者には様々な立場や意見がありますが、それらを尊重し理解する姿勢が大切です。

 

メリットやデメリットについても、わかりやすく伝えることが求められます。

 

これにより関係者が旗当番廃止に対して理解を深め、協力しやすくなります。

 

誤解や不安が生じた場合は、これを解消するための説明や情報提供が欠かせません。関係者とのコミュニケーションを大切にし、信頼関係を築くことが重要になります。

 

旗当番廃止に伴う代替案や対策も、分かりやすく提案することが大切です。失われる機能や問題の解決策を明確に示し、安心感を与えるよう心がけましょう。

 

 

 

総括:旗当番を廃止するには保護者の理解が大事

 

この記事のポイントをまとめると、以下のようになります。

 

  • 旗当番をやめる理由や目的をはっきりさせることが大切
  • 廃止に関する関係者の意見や反応を尊重することが大事
  • 終了することの良い点や悪い点を正しく伝えることが大切
  • 保護者の誤解や不安を解消する工夫が必要
  • 旗当番を終了する場合の代替案や対策を提案することが大切
  • 参加しない保護者への対応のコツを共有
  • 旗当番を終了した学校の実例とその影響もご紹介
  • 旗当番を終了する際に留意すべきポイントも解説

 

 

旗当番を終了するときは、子どもたちの安全や教育に関わる重要な問題を解決できるのかどうかを考慮する必要があります。

 

終了する場合は、地域や学校の事情によって異なる可能性があることを認識してください。

 

あなたのご地域での旗当番の継続・廃止に向けての情報としてお役に立てると嬉しいです。

 

 

おすすめの記事