大地のうどんでごぼう天とかき揚げの絶品うどん体験!福岡のおすすめ名店
本ページはプロモーションが含まれています。


ごぼう天で有名な「大地のうどん」。

 

福岡を中心に9店舗を展開中で、今回は「大地のうどん 筑紫野店」を訪れた体験をお届けします。

 

地元で評判ではあるものの行列に並ぶのが苦手なため行ったことがなかったのですが、開店直後ならそれほど待たないだろうと思い、今回思い切って行ってみました。

 

開店時間の11時少し前に行ったところすでに10人くらいが待っていましたが、そのまま列に並んで待つこと数分後に扉があき、順番に中に入ることができました。

 

初体験の大地のうどんの味と店内の様子を紹介します。

 

やさしさ感じる大地のうどん

大地のうどんの発券機

 

大地のうどんの注文は発券機で購入して、店員さんに手渡しする方式です。

 

いきなりお客さんにやさしいなと感じることがありました。それが、「後ろが並んでいても、食べたいうどんを焦らず、ゆっくり、お選びください」という文言。

 

大地のうどんのやさしさ

 

次の人が待っているときは焦ってしまいますよね。しかも自分の後ろにも行列ができていることを知っているならなおさら。

 

大地のうどんは、うどんをおいしく食べてもらいたいとの思いから、注文にまで気を配っています。

 

また、注文しやすいように一品一品をA4サイズに拡大してラミネートして、前もってどんなうどんがあるかを提示してあります。

 

ストレスなく注文できるように、行列が出来る名店だからこその心配りが感じられます。

 

また、子ども向けにぬるい出汁や玉子の苦手な人向けに固くしたり、抜きにするなどの対応もしてくれるようです。

 

メニューの柔軟な対応

 

大地のうどんのが人気の理由が一目で分かり、この時点で私もファンになってしまいました。

 

とはいえ大事なのはそのお味。それでは、実食レビューをします。

 

ごぼう天うどんの実食レビュー

大地のうどんのごぼう天うどん

 

「ごぼう天うどん」は、大地のうどんの代名詞ともいえるうどんで、特大のごぼう天が目を引く一品です。

 

このごぼう天は器に収まりきらないそのサイズだけでなく、さくさくとした食感が何とも言えない魅力を放っています。

 

一般的なごぼう天うどんは、衣の中に小さいごぼうがあるのがほとんどですが、大地のうどんでは、ごぼうを丸く形作るために必要最低限の衣しかつけてありません。

 

ほぼ、ごぼう!

 

外はカリッとしていて中は柔らかく、ごぼうの自然な甘みと土っぽさが感じられる仕上がりになっています。口に入れると、ごぼう特有の風味が広がり、それでいて過度に油っぽくないのが嬉しいポイントです。

 

ちなみに、ごぼう天を別で出してもらうこともできるようで、注文している人全員に店員から声をかけていました。

 

うどん自体も見逃せません。麺は手打ちで、しっかりとした食感がありつつも驚くほど滑らかです。この麺が良いのは、喉ごしの良さと、それでいて噛み応えがあるところ。

 

スープは透明感があり、上品ながらも深い味わいが楽しめます。最後の一滴まで飲み干してしまうほど。

 

このごぼう天うどんは、単なるうどんではなく、ごぼうの風味と素材の味を活かした逸品。訪れた誰もがその味と食感に魅了されていることに納得です。

 

かき揚げうどんの実食レビュー

大地のうどんのかき揚げうどん

 

大地のうどんの「かき揚げうどん」のかき揚げもデカさに圧倒されます。さまざまな新鮮な野菜と海産物が絶妙に組み合わされています。

 

これで600円なんて、元が取れているのかこっちが心配になるくらいです。

 

かき揚げの具材には、シャキシャキの人参、甘みのある玉ねぎ、そしてプリプリのエビが使用されており、これらが合わさって驚くほどの味のハーモニーを生み出しています。

 

かき揚げにエビが入っているなんて初めての体験です。感動しました!

 

揚げたてのかき揚げは、外はカリッとしていて中はジューシーで、素材のフレッシュ感が口の中で広がります。

 

さらにエビの甘みが際立ち、野菜の自然な味わいがこれをさらに引き立てていますね。

 

うどん自体のやさしい味わいが、かき揚げの味の強さを穏やかに受け止め、バランス良く調和させています。

 

もちろんスープはそのままでも美味しいですが、かき揚げと一緒に食べることで、さらに風味豊かな味わいへと変わります。

 

出汁はかき揚げの味を引き立てつつ、麺との相性を完璧に仕上げてくれるため、各々の素材が持つ特性を最大限に活かした一杯となっています。

 

かき揚げうどんを完食

 

透き通ったスープがおいしくて、他のうどん屋ではいつもスープを残す妻も飲み干していました。

 

注文するときの注意点

 

画像で見るとうどんの量が少ないと感じると思いますが、ごぼう天やかき揚げと一緒に食べると結構お腹が膨らみます。

 

他店では足りないというわが子が「満腹になった」と言っていたくらいです。

 

かしわおにぎりも絶品なので、ぜひ食べてもらいたいですが、ふさん少食な方はおにぎりを注文せずにうどんだけにした方がいいと思いますよ。

 

お店の雰囲気

大地のうどんのお店の雰囲気

 

大地のうどんのスタッフは非常にフレンドリーで、注文から提供までの流れがスムーズで、訪問者一人ひとりに丁寧な対応をしていて気配りが感じられます。

 

またお昼時という混雑する時間帯でも、お客さんを上手に誘導して席を確保するあたりはプロだと感じました。

 

しかも、元気!

 

大地のうどんのサービスは、訪れた人々にとって忘れられないものとなるでしょう。

 

ただし、大地のうどんは「最高のうどんの提供」にこだわっていますので、注文を受けてから麺をゆでて天ぷらを揚げてくれます。

 

作り置きはしていないため、出てくるまでに時間がかかります。

 

私は開店直後に行きましたが、前に10人ほど並んでいた方から順番に作っていたため、注文して出てくるまでに15分くらいかかりました。

 

そのため時間に余裕のないときは、大地のうどんよりも他のうどん屋の方がいいでしょう。

 

うどんを楽しめるときに行けば、大地のうどんの環境とサービスは訪れる人々に安心して美味しい時間を提供してくれます。

 

福岡の老舗「因幡うどん」のごぼう天うどんについては、以下の記事をご参考ください。

 

 

大地のうどんは味もサービスもおすすめ!

 

大地のうどん 筑紫野店での食事体験は、心から満足できるものでした。

 

料理の質、サービスのレベル、そして店内の雰囲気が見事に融合して、訪れる価値のあるお店となっています。

 

特にお店の看板メニューである「ごぼう天うどん」は、圧倒的なサイズとその美味しさで他のうどん店と一線を画していると感じました。

 

また、麺のコシとスープの繊細な味わいが、他では味わえない特別な食体験を提供してくれます。

 

ただし、人気店であるため特に週末や祝日には混雑が予想されますので、比較的空いている平日の訪問をおすすめします。

 

また、時間に余裕を持って訪れることで、注文から提供まで少し待つ場合でもストレスを感じることなく、食事を楽しむことができます。

 

大地のうどんは、その手作り感じる料理の質と、温かいおもてなしは、きっとあなたの食の記憶に新たな一ページを加えてくれるでしょう。

 

 

おすすめの記事