浄水器を使ってみたけど、結局やめた驚きの理由!

 

浄水器を使っている人は多いと思いますが、実は浄水器をやめることには意外なメリットがあります。

 

浄水器をやめると、水道水の安全性を確認できるだけでなく、節約にもなりますね。

 

例えば、浄水器を使っているとカートリッジの交換やメンテナンスにお金がかかりますが、水道水をそのまま飲むとその費用はゼロ円。

 

また、浄水器を使うと水道水に含まれるミネラルなどが失われる可能性がありますが、水道水をそのまま飲むとそれらの栄養素を摂取できます。

 

もちろん、浄水器をやめることは一見勇気がいることかもしれません。

 

「水道水は本当に安全なのか?」「味はどうなのか?」という疑問や不安があるかもしれません。

 

しかし、水道水は厳しい基準に基づいて検査されており安全に飲めることが保証されています。

 

また、水道水の味は地域や季節によって異なりますが、それは自然の味と言えます。

 

水道水に慣れると浄水器の水よりもおいしく感じることもありますよ。

 

 

この記事のポイント
  • 浄水器をやめた明確な理由
  • 水質の変化に対する疑問点やメリット・デメリット
  • 賃貸マンションやアパートでの利用価値
  • 水道水は飲用水として問題ないか

 

浄水器をやめた理由は必要性がないから?

浄水器をやめた理由は必要性がないから?

  • 水道水の水質基準の高さ
  • 無駄なものだから使わない?
  • 「浄水器は意味ない」という知恵袋などの書き込み
  • 浄水器自体が汚い!
  • 交換やメンテナンスがめんどくさい!
  • フィルターを取り替えないとどうなる?

 

水道水の水質基準の高さ

 

日本の水道水は水道法という法律で水質基準が定められています。

 

水道水は人々に悪い影響を与えないように、良い状態でなければなりません。

 

良い状態とは、お水に入っている物質の中に私たちの体に悪い影響を与えるものが入っていないことや、お水を見たり飲んだりするときに、変なにおいや味がしないことなど。

 

水道事業者は良い状態を守るために、良くない物質や細菌などが入っていないかを定期的に調べます。

 

鉛やヒ素などの重い物質やシアンやフェノールなどの有害な物質、おなかをこわす細菌などですね。

 

もし基準よりも多い量が見つかったら、なぜそうなったのかを調べて、改善策を考えて対策をしないといけません。

 

さらに水道水がもっと安全になるように、基準以外にも大切にすべき項目があります。

 

これらは水質管理目標設定項目と呼ばれていて、残留塩素や農薬などが入っていないかを調べる項目が含まれています。

 

これも定期的に調べて、目標数値よりも多い場合は問題を解決するための対策を考えなければいけません。

 

東京都水道局では水道水の安全性について、以下のように記載されているので安心です。

 

水道局では、国の基準を大きく上回る283項目を検査しています。
そして、検査結果に応じて、早め早めに対処することで、徹底した水質管理を行っています。
東京都の水質管理に関してより引用

 

無駄なものだから使わない?

 

「浄水器は無駄なもの?」という疑問がありますが、無駄なものではありません。

 

浄水器には水道水に含まれる塩素や有害物質を除去して、おいしい水が飲めるというメリットがあります。

 

また、プラスチックボトルの使用を減らして環境にもやさしく、お風呂やシャワーにも使えるものもあって肌にも優しいです。

 

ただし、浄水器にもデメリットがあります。

 

初期費用やフィルター交換費用がかかり、フィルターの種類や性能によっては除去できる物質が異なるてんでしょう。

 

フィルター交換を怠ると菌が繁殖する可能性があるため、定期的はコストはかかってきます。

 

 

「浄水器は意味ない」という知恵袋などの書き込み

 

「浄水器は意味がない」というYahoo!知恵袋の質問を探してみると、以下のような書き込みが見られますす。

 

浄水器は意味あるのか?
たまにウチに浄水器の訪問販売がきます。

浄水器って意味あるのでしょうか?

Yahoo!知恵袋より引用

 

浄水器って効果ありますか?浄水器ってなんの意味があるんですか?日本の水は綺麗ではないのですか?

Yahoo!知恵袋より引用

 

安い浄水器でも意味ありますか?
浄水器って工事が必要の高価なものから数千円のものまでピンキリなので安いものでも大丈夫なのかなと思い、質問しました。

Yahoo!知恵袋より引用

 

 

知恵袋以外にも浄水器の効果を疑問視する声はあり、X(旧Twitter)には浄水器やめたという投稿がチラホラありました。

 

https://twitter.com/cyber_tantanmen/status/1295870996918882305

https://twitter.com/ultramarine129/status/1402256852163956741

 

浄水器自体が汚い!

 

浄水器はカートリッジ(フィルター)を交換したり、本体を洗ったりしてきれいにする必要があります。

 

毎日やらなくても大丈夫ですが、しばらく放置しておくと浄水器の外側に水垢やカビ・ぬめりなどがついてきます。

 

浄水器本体の中も常に水滴がついているため、内部は気づかずにカートリッジの汚れや細菌がたまることも。

 

カートリッジだけでなく、ある程度使ったら本体も買い換えないと汚れたまま使うことになります。

 

浄水器の性能が低下したり水の味や臭いが悪くなったりと、健康にも影響が出る可能性があるので注意しましょう。

 

 

交換やメンテナンスがめんどくさい!

 

浄水器を使うとお水がおいしくなりますが、「めんどくさい」と感じることがあります。

 

まず、浄水器のカートリッジの交換やメンテナンスを定期的に行う必要があります。これは、浄水器が効果的に機能し続けるために欠かせません。

 

また、浄水器の取り付けや取り外しには、時に工具やアダプターが必要です。取り扱いが難しいと感じることもあるかもしれません。

 

浄水器の種類や性能によっては、水道水の品質や使用量を定期的に確認する必要があります。これによって、浄水器が適切に動作しているかを確保することができます。

 

浄水器の水量や水圧が低下することがあり、その結果、水の味や臭いが変わることもあります。これは予想しづらいトラブルの一例。

 

最後に、浄水器を導入するには初期費用やランニングコストがかかります。おいしい水を手に入れるためにはコストを考える必要がありますが、節約とのバランスが重要ですね。

 

浄水器はおいしい水を提供してくれる反面、手入れや注意が必要な面もあるのです。

 

 

フィルターを取り替えないとどうなる?

 

浄水器のフィルターは新しくしないと、次のような問題が生じることがあります。

 

浄水器のフィルターには、水道水から取り除いた塩素や有害物質が蓄積されます。

 

フィルターが古くなると除去した不純物質が水に戻ってしまい、水の味や臭いが悪くなり健康に悪影響を及ぼす可能性があります。

 

また、浄水器のフィルターは水中の細菌やカビも捕まえています。フィルターが劣化すると、これらの微生物が増殖し、水に混入することがあります。

 

これにより水が汚れ、健康面に影響がでる可能性は否定できません。

 

さらに浄水器のフィルターは水中のミネラルや微量元素も取り除いてしまいます。

 

フィルターが劣化するとこれらの栄養素が減少し、結果として水の味が悪化し体に必要な成分が不足することがあります。

 

以上のように、浄水器の交換を怠ると、水の品質が低下し、おいしくて安全な水を飲むことが難しくなる可能性があります。

 

マンションに浄水器は必要か?

マンションに浄水器は必要か?

  • マンションは貯水タンクやパイプの影響を受ける
  • 賃貸なら浄水器はいらない?
  • 浄水ポットはどう?やめた人の声

 

マンションは貯水タンクやパイプの影響を受ける

 

マンションに住んでいると、浄水器は必要かどうか迷うことがありますね。

 

なぜかと言うとマンションの水道水のクオリティは、場所や季節・パイプの状態・貯水タンクの管理などによって異なるからです。

 

浄水器が必要かどうかは、個々人の好みや必要性によります。例えば、次のような場合、浄水器が必要だと感じることがあります。

 

  • 水道水の塩素の匂いや味が気になる場合
  • 水道水に含まれる有害物質や細菌などを取り除きたい場合
  • 水道水に含まれるミネラルや微量元素が不足していると感じる場合
  • 水道水の温度やpHを調整したい場合

 

一方で、次のような場合、浄水器は必要ないと感じることもあります。

 

  • 水道水の臭いや味に問題がない場合
  • 水道水の安全性に信頼がある場合
  • 水道水のミネラルや微量元素が十分だと感じる場合
  • 水道水の温度やpHにこだわらない場合

 

 

結局、マンションに住むかどうかよりも、個々人の考え方が大きな影響を与えると言えます。

 

 

賃貸なら浄水器はいらない?

 

賃貸マンションやアパートで「浄水器がいらない」という場合は、いくつかの理由が考えられます。

 

まず水道水の品質が高く、塩素臭や有害物質などの問題がない場合があります。

 

ただし水道水の品質は地域や季節・配管の状態などによって変わるので、水道事業者に問い合わせて確認することが大切です。

 

また、浄水器の設置やメンテナンスにはコストや手間がかかります。

 

浄水器には初期費用やカートリッジ交換費用がかかり、賃貸物件ではオーナーや管理会社の許可が必要な場合もあります。

 

また、浄水器の水は早めに飲み切る必要がある点も注意が必要です。

 

そして、水道水の味や臭いにこだわらない場合も「浄水器がいらない」理由と言えます。

 

水道水の塩素は消毒の役割を果たしていますが、一部の人には不快に感じられることもあります。

 

しかし、水道水の味や臭いに問題がないと感じる人もいます。

 

賃貸マンションや賃貸アパートで「浄水器がいらない」かどうかは、水道水の品質や個人の好みやニーズによって異なります。

 

浄水器の必要性を判断する際には、自分の住んでいる地域の水質や、除去したい物質、設置場所やコストなどを考慮して、メリットとデメリットを比較検討することが大切です。

 

 

浄水ポットはどう?やめた人の声

 

蛇口に取り付けする浄水器ではなく、最近では浄水ポットも人気です。

 

ただし、浄水ポットをでも「やめた」という声もあります。

 

最初は浄水ポットを使っていましたが、カートリッジの交換が煩わしく、ついつい忘れることが増えました。それに水の味にはあまり変化を感じなかったので、今は水道水をそのまま利用しています。

 

冷蔵庫に浄水ポットを置いていた時、場所を取り、出し入れが手間でした。また、水の量も少なく、すぐになくなってしまうため、最終的にはペットボトルの水を購入することにしました。

 

引っ越し先の水道水が高品質だったため、浄水ポットが不要になりました。水の味や臭いに問題がないことから、浄水ポットは処分しました。

 

カートリッジの交換タイミングが分かりにくく、不安に感じたこともありました。水が汚れている可能性もあると心配になり、結局ウォーターサーバーに切り替えました。

 

水のミネラルが減ると聞いて、健康への影響を懸念し、浄水ポットの使用を中止しました。

 

浄水器であっても浄水ポットであっても、考え方で使う・使わないは分かれてきます。

 

 

浄水器をやめたら水道水を飲んで大丈夫?

浄水器をやめたら水道水を飲んで大丈夫?

  • 水道水はやめたほうがいい?
  • 水道水とペットボトルの水どちらが安全
  • 個人のニーズで選択

 

水道水はやめたほうがいい?

 

水道水をやめて浄水器を使うべきかどうかは一概には言えません。

 

冒頭でも記載したように水道水は水道法の厳しい基準を満たしており、そのまま飲んでも健康に悪影響はありません。

 

しかし残留塩素やトリハロメタンなどの消毒副産物が含まれており、長期的な摂取で体に悪影響を及ぼす可能性もあります。

 

水道水の味や臭いは水源や塩素の含有量によって異なります。

 

消毒のための塩素は一部の人にとって不快に感じられます。

 

浄水器を使わなくても、水道水を美味しく安全に飲むためには、以下の方法があります。

 

沸騰させることで塩素や細菌を除去できます。ただ、塩素がなくなることで水の傷みが早くなるため、早めに飲み切る必要があります。

 

浄水器を設置することで有害物質をろ過できる反面、初期費用やカートリッジ交換費用がネックになります。

 

水道水をやめるべきかは、水道水の品質や個人の好みやニーズによって異なります。

 

 

水道水とペットボトルの水どちらが安全

 

水道水とペットボトルの水、どちらが安全でしょうか?

 

ペットボトルの水は食品衛生法に基づく製造基準と成分規格を満たしていて、安全に飲むことができます。

 

ただし、一部の製品は水道水をろ過したものであり、また、高温や直射日光にさらされると、プラスチックから有害物質が溶け出す可能性があります。

 

水を選ぶ際には、自分の住んでいる地域の水質や、除去したい物質、コスト、環境負荷などを考慮することが大切です。

 

水道水とペットボトルのどちらもメリットとデメリットがあるため、自分のニーズに合った選択をすることが重要です。

 

まとめ:浄水器をやめたという声は一定数あるも、個人のニーズで選択が大事

 

記事のポイントをまとめます。

 

  • 日本の水道水は、水道法で水質基準が定められ、水道事業者は定期的に調査を行う
  • 基準以上の物質が見つかれば対策を講じる
  • 浄水器は、水道水を良質に飲めるメリットがありますが、カートリッジの交換やメンテナンスが必要
  • 浄水器を使う際の手間や費用も考慮する必要がある
  • 浄水器を長く使っていると、フィルターの劣化が水の品質に影響を及ぼす可能性があります
  • 賃貸住宅では浄水器の設置が許可されていないこともあり、浄水ポットという選択肢もある
  • 水道水をやめるべきかは、水道水の品質や個人の好みによる
  • 水道水を飲む前に沸騰させることで、美味しく安全な水を手に入れることができる
  • 水道水とペットボトルの水、どちらも適切な取り扱いで安全に利用できる

 

 

浄水器を使うことで不純物を除去できます。

 

ただし、もともと水道水は水質基準が厳格に決められているため、浄水器をやめたとしても安全な水はのめますね。

 

 

おすすめの記事